>  > 自然とデリヘルという言葉が頭に浮かんできたのです。

自然とデリヘルという言葉が頭に浮かんできたのです。

私はアパレルの世界でずっと働きたかったので、高校入学と同時に、高校生でもOKのお店に入ってフルで働いていました。その頃は、卒業してもそのまま店員になろうと思っていました。しかし、それが甘い考えだということにすぐ気づきました。アパレルの店員というのは本当に薄給で、月給15万円などというのは当たり前なのです。求人広告では20万円などとなっていても、それにはいろいろな条件がついていたり、店長の場合には「売上ノルマを達成するため、自分で何万円分も服を購入する」という条件がよくあります。こういう現実を高校1年の時点で知り、一度は諦めたのですが、しばらくして別の考えが浮かびました。それは「もっと待遇のいいアパレルのお店を自分で創ろう」ということです。親戚にも会社の役員がいるので、こういう発想は割と自然に出ました。そうなるとお金を稼がなくてはいけませんから、自然とデリヘルという言葉が頭に浮かんできたのです。

[ 2014-05-24 ]

カテゴリ: デリヘル求人体験談

デリヘルじゃぱん!山口